災害に備えての地域活動の一コマです!

11月19日(日曜日)豊能町西地区の東ときわ台自治会では、防災減災に備える一環として災害が起きた際に一早く住民の安否確認が出来るよう、安全を知らせる「イエローフラッグ」を門扉等に掲げる取組が行われました。
この黄色い旗には「我が家は無事!」と書かれた東ときわ台自主防災会が作り、会員宅に事前に配布したものです。
当日自治会員宅では、9時30分~10時20分の間門扉等に掲げました。この旗が掲出されていれば会員の無事が一目で分かります。災害が起きた際に町会長・隣組長が、この旗の掲出の有無で会員の安否を確認する取組で、防災意識の高揚を目指しました。

防災訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す