“とんど焼き“が行われました!

とんど1とんど2

 

明けましておめでとうございます。
本年も豊能町から豊かな自然を、ここで活きいきと、暮し楽しむ人々の姿を紹介していきたいと思います。
最初は“どんど焼き“を紹介します。
月13・4日この町の西地区と東地区で行われました。今回は東地区の“とんど焼き“を紹介します。
ことの外冷え込みの厳しいこの冬ですが、この日は寒さも一休み!とはいえ高台にある東ときわ台小学校の運動場に吹く風は、思わず“サブ~”とコートの襟を立てるほどです。
松飾やしめ縄などを提げた方が続々と会場の校庭に集まってきます。孟宗竹を支柱に組んだ櫓に次々と松飾やしめ縄など持参の品を積み上げ、投げ込んでいきます。
火が付くと勢いよく燃え上がり、火にあぶられた竹がバ~ン! バ~ン!と大音響で弾けます。
会場では、豚汁・ぜんざい・焼きお餅の販売に寒さを和らげる人も。そして伝承の遊びコーナーでは、凧揚げ・コマ回し・ケン玉・シャボン玉などが。この他ブルーシートで作った迷路などなど大人も子供も楽しみました。
燃える“とんど“の前では、空手道場の子供が稽古道衣1枚で「形」の演武を披露しました。子供達へ盛んな拍手が送られました。指導者の方が子供達を紹介する際に、大阪市内でも「この時期に寒稽古しますが、”寒~い“とか”風邪ひく“と敬遠する人もいますが、豊能っ子はこの寒さ平気です!」と。とよの子は、寒さに負けない元気子ですね。
この催しは、先人の営みを伝承しょうと特定非営利法人北摂こども文化協会など多くの方の協力で催されました。3001とんどフラフープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す