野菜宅配

7月4日は男爵、メークイン、キタアカリ3種類のじゃが芋を掘り、3kg、800グラムづつ計量し、袋詰めをしました。この他、玉ねぎ、にんにく、キュウチャン漬け、板コンニャクなどの注文も頂き、夕方には注文された方にお届けしました。

私達の目的は自分たちで栽培した野菜を販売することではなく、農産物の栽培から収穫、販売までの工程にどれほどのコストがかかるのか、収益率はどの程度なのか、そのことを分析し、出来れば専業農家として若者がその一生を託せる産業としての将来像を描きたいと言うことです。

雑草退治

平成28年6月27日 野菜の収穫、宅配に追われている隙に、里芋畑は雑草が我が物顔に生い茂り始めて居ました。今日は4名が参加して、草刈機で土手や畝の間の雑草を刈り取り、里芋の株の周囲は手作業で雑草除去をしました。雑草のたくましさには驚かせれます。この雑草取りは農作業の中でも一番辛い作業ですね。かといって、除草剤を使えば楽なことはわかっていますが、無農薬栽培を標榜していますので、そこは辛抱して頑張っています。

第2回野菜宅配販売

平成28ねん6月23日 2,3日前から収穫したじゃが芋(男爵、メークイン、きたあかり)、玉ねぎ、にんにくを朝から計量、袋詰めしました。じゃが芋3品種と玉ねぎ、それを800グラム、3キログラムづつ袋詰めしました。

今回は2回目と言うこともあって、作業は円滑に行われましたが、主婦の皆さんからのまとめ買いが入り、袋詰め作業が結構大変でした。夕方、宅配をしましたが、大勢の方から喜ばれ、また、励まされました。自分たちの作付けした野菜が地元の皆さんに食べて頂けることで、私達の活動も地元に受け入れられ、また励まされます。地元で活動することの喜びを感じさせられます。

野菜の宅配販売

平成28年6月13日 野菜購入会員になって頂いた方々へ野菜の宅配販売をしました。

ほうれん草、じゃが芋(男爵)、にんにく、玉ねぎを計量して袋詰めし、注文主ごとにそれらを詰め合わせしました。手順になれていないものですから、詰め合わせ不足が生じたりして、その都度慌てふためいて作業のやりなおしをしました。夕方、注文主の主婦の方々にお届けして、やっとホットしました。安くて美味しいとの評価を後日頂きました。野菜の宅配販売はまずまずの成功でした。

ヤーコンの追加定植

平成28年6月9日 ヤーコンを追加定植しました。これで、今日の200株とすでに定植したもの500株を合わせて、700株のヤーコンが私達の畑で成長しています。秋の収穫が楽しみです。

今日もほうれん草収穫

平成28年6月6日 今日もほうれん草を収穫して、地元の野菜小売店に卸しました。

こうした農作業は協議会の会員だけではなく、耕作会員に登録して頂いた方々にもお手伝いをしてもらっています。耕作会員に登録して頂くと、こちらから農作業の連絡をさせて頂きます。その連絡を見て、都合が良ければ気軽に農作業に参加して頂くことが出来ます。勿論、団体傷害保険にも加入頂いております。

ほうれん草収穫

平成28年6月2日 今日もほうれん草の収穫。この時期、新鮮な葉物野菜が少ないので、私達の出荷するほうれん草は地元の主婦たちに人気があります。少しとうの立ったものでも、出荷したいのですが、品質管理の上から、売り物には一定の外観基準があります。折角ここまで育てたものですから、基準を外れたものもB級品で安く売って、皆様に喜んでもらいたいと思っています。

ほうれん草収穫

平成28年5月30日 ほうれん草収穫。この時期、ほうれん草はあっと言う間にとうが立って、売り物にならなくなるので、収穫時期を遅らせることのないように注意が必要です。

ところが、私達のほうれん草は美味しいと言う評判で、とうの立ったものでも良いから分けて下さいと言う主婦の方々が居られます。有難いことです。苦労して育てた野菜ですから、見かけの良さだけでなく、そのものの味で選んで食べて欲しいものです。

 

ほうれん草収穫とヤーコン定植

平成28年5月23日 6人の会員が参加して、午前中はほうれん草の収穫と出荷準備。

収穫、袋詰めされたほうれん草は地元の野菜販売業者に卸しました。

午後は、16日に準備した畑でヤーコンの定植を実施しました。