豊能町住宅流通促進拠点運営チャレンジショップを開設

NPO法人豊能町ふるさとおこし協議会は、独自に展開して来た空き家対策事業を豊能町との連携業務とし、東ときわ台ショッピングセンターに豊能町住宅流通促進拠点運営チャレンジショップを開設して、空き家に関する相談業務を開始することになりました。皆様のご協力をよろしくお願いします。

空き家対策に興味があり、積極的に活動してみたいと言う方々のご協力を求めています。080-5049-6905(甲田)までご連絡下さい。

新規入会希望の方との面談

平成28年5月14日 会員の紹介で私達協議会の活動に関心を寄せられ、入会を検討している方と面談をしました。会の活動状況などを説明し、疑問点にお答えしました。こうして、私達の活動に興味を示してくれる方がおられると言うことは心強い限りです。検討の結果入会を決断して頂けることを願っています。

農業振興にご協力頂けませんか

全国的に農家の高齢化に伴い、耕作放棄地の増加が問題になっていますが、
豊能町においても決して例外ではありません。特に、耕作条件の悪い棚田での放棄地の増加が進んでいます。
耕作放棄地は、下記のような様々な問題を発生させる元凶です。
①大雨などの自然災害に弱くなります。 ②害獣の住処になってしまいます。
③病虫害の発生が多くなります。 ④景観が悪くなります。

そこで、豊能町ふるさとおこし協議会では、耕作放棄地を野菜栽培の農地として再生し、環境・景観の維持・促進をする取組みをスタートしました。

取組み当初は無償ボランティアですが、将来は農産物販売で得られた収益を分配し、お小遣い程度は稼げるような法人組織に育てていきたいと考えています。

豊能町を愛されている方、農業・環境問題に関心のある方、ご協力頂ければ嬉しいです。
志のある方、詳しい話をお聞きになりたい方、ぜひ下記までご一報ください。                

(使用されていない農業機械をお貸し頂ける方も大歓迎です)

(ご連絡先)
NPO法人 豊能町ふるさとおこし協議会 理事長 甲田 廣行
TEL(FAX)072-738-3541 Eメールアドレス kohda-h@zeus.eonet.ne.jp

NPO法人 豊能町ふるさとおこし協議会 副理事長 高木 武士                                                           TEL  090-5973-3115

NPO法人  豊能町ふるさとおこし協議会 農業振興会員 中根 康有
TEL 090-1244-5392        Eメールアドレス y-nakane@carol.ocn.ne.jp

(耕作放棄地の再生作業)

Before

Before

雑草刈倒し

雑草刈倒し

After

After

 

この後、ホウレン草・高山真菜などを栽培し、販売する予定です。

 

(耕作放棄地でのこんにゃく栽培)

P1060095syuku
獲れたこんにゃく芋は、農産加工チームが                                製品に加工して販売する予定