豊能町の活性化と繁栄を目指して、観光、農業、商工業、住宅地域の振興、学術、文化、芸術の振興等に関して具体的な提言をまとめ、それを実現することを目的としています。
保健、医療又は福祉の増進、社会教育、まちづくり、観光の振興、地域の振興、学術文化芸術スポ-ツの振興、環境の保全、情報化社会の発展、 科学技術の振興、 経済活動の活性化、 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を図ります。

農とスポーツの複合公園構想

農とスポーツの複合公園事業を実現するために協力頂けるスタッフ、農業体験会員を募集しています

農業体験とスポーツを楽しめる複合的な公園事業を起こし、都会の老若男女が1年を通じて集うことが出来る場所を提供する。

 エントランスエリア
   メインゲート、案内所、駐車場、軽食堂、地元特産品の直売所、シャワー室、ログハウス・ロッジ、炊飯施設、合宿が可能な施設をイメージしています。
 小学生高学年から大人までが楽しめる、爽快な冒険型スポーツエリア
   スカイアドベンチャー又はフォレストアドベンチャー(地上10メートルの高所冒険アスツアー)、ジップ・スカイライド(地上10メートルの弾丸滑降ロープウェイ)
 初心者からオリンピックを目指す選手までが楽しめるスポーツエリア
   ボルダリング、スケボー・ハーフパイプ、 (初心者訓練、技量向上トレーニング、専門インストラクター)
 花の郷公園エリア
   四季折々の花や実、紅葉を見て楽しむ。公園の維持・管理体験や造園体験、養蜂、種子油(菜種、ひまわり)、みつまた和紙原料、そば、トチ(餅)
などの栽培、収穫体験、商品化体験 農業体験エリア
   耕作放棄された棚田を再生し、そこでの野菜栽培、収穫体験、椎茸栽培、収穫体験、ワイン用ぶどう畑での農業体験、収穫体験、ワイン醸造体験
 イタリアンレストラン
   シェフ自らが、栽培した地元野菜、ハンティングで仕留めた地元の野生鹿のジビエ料理、ぶどうの栽培からワインの醸造まで一貫生産した自家製ワインを楽しめるレストラン   

 これらの計画を詳細に詰め、実施可能な具体案を作成するために、調査、検討、計画を行うボランティア・スタッフならびに農業体験会員を募集しています。
農業体験会員に登録(無料)頂きますと、毎回、作業予定日(原則として月、木、土曜日)と作業内容をお知らせ致します。その都度、お時間がある場合は参加希望をご連絡頂くだけで本格的な農業体験等を継続的に実施して頂けます。

詳細お問合せは NPO法人豊能町ふるさとおこし協議会 080-5049-6905(甲田) まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

2017年5月15日
高山地区の棚田ドローンより撮影
2017年4月17日
高山のこぶし満開
2017年4月8日
春野菜の播種と玉ねぎとにんにくの保管倉庫組み立ての後、耕作メンバーで慰労のバーベキューをしました。
2017年4月8日
豊能町光ヶ谷とんぼ池のミツマタが満開です。4月5日
2016年9月12日
豊能町住宅流通促進拠点運営チャレンジショップを開設
› 続きを読む

空き家対策事業が豊能町との連携業務としてスタート
NPO法人豊能町ふるさとおこし協議会は、これまで独自に空き家対策事業を実施して来ましたが、町が「住宅流通促進連携事業者」を公募しましたので、それに応募し、町との連携業務として発展させる道を選択しました。幸い、公募の結果は我々協議会の願い通り、町との連携事業者に選定されました。その結果、東ときわ台ショッピングセンター(東ときわ台3丁目1番2店舗番号B-7号、旧文房具店跡)に豊能町住宅流通促進拠点運営チャレンジショップを開設して、空き家に関する相談業務を開始することになりました。.